周期性四肢運動障害の症状や原因

不眠症不眠症を克服

周期性四肢運動障害について

周期性四肢運動障害は睡眠中に朝がピクンと動いてしまい目が覚めてしまう病気です。悪化すると、昼間に眠気が強くなります。

周期性四肢運動障害とは

周期性四肢運動障害は、眠っている間に下肢がピクンと反復して動き、目が覚めてしまうものです。特に年をとると、多くなる傾向があります。ひざをたたくと反射が起きるのと似ています。ただしこの場合は、たたいていないのに勝手に動いてしまいます(不随意運動)。
時間帯でいうと、夜中の前半から中盤にかけてよく起こり、明け方にかけて数はやや減っていきます。カフェインを多くとったときや疲れているときに多く出るのが特徴です。眠り際にこうしたことが繰り返し起こることによって頻繁に目が覚めたり、睡眠全体が浅くなるといった症状があります。

周期性四肢運動障害写真

ひどくなると、昼間に眠気が強くなる

周期性四肢運動障害が悪化すると、昼間に眠気が強くなってきます。患者さんの中には自分では足の動きに気づかず、睡眠が浅い、頻繁に目が覚めるといったことを訴える人も多くいま
す。周期性四肢運動障害が疑われる人は家族の人に観察してもらうのもいいでしょう。診断には一晩病院に泊まって精密検査を行う必要がある場合もあります。

スポンサードリンク

ページの先頭へ