レム睡眠行動障害の症状や原因

不眠症不眠症を克服

レム睡眠行動障害について

大人になって寝言をいったり、悪夢によって睡眠中に行動してしまったりする病気をレム睡眠行動障害といいます。50~60代から多くなり、女性より男性に多く見られます。

レム睡眠行動障害の症状

レム睡眠行動障害の症状大人になって始まる寝ぼけは、子供のものと少し違っています。夢でうなされ、これに反応して、寝言をいったり行動してしまったりするものです。これをレム睡眠行動障害といいます。50~60代から多くなり、女性より男性に多く見られます。この病気の始まりとして悪夢を毎日見るようになったということがよくあります。ひどいときには隣で寝ている人をたたいたり、部屋の中の障子やドアを壊してしまったりすることもあります。何かに追われたり襲われたり、闘っていたりする夢でうなされているのす。こういった夢の中で行動するため、レム睡眠行動障害の寝ぼけは激しく、暴力的なものが多いのが特徴です。暴力的な行動をとっている最中でも、体を揺すったり、大声で呼びかけたりしてしっかり目覚めさせると、夢からさめて異常行動はおさまります。このとき本人は「夢を見ていた」という自覚があります。

家族が病気のことを理解することが重要!

レム睡眠行動障害(睡眠中の悪夢)レム睡眠行動障害の状態で立ったり歩いたりすると、転倒の可能性が非常に高いので、寝室の障害物をとり除く、ベッドは使わずマットなどでできるだけ低い位置で寝るようにする等といった対策をする必要があります。この病気の場合、患者さんや家族の方が病気のことをよく理解することが重要になります。理解がないと、わざとやっているのではないかと思ったりして、家族関係が悪化するになりかねません。

スポンサードリンク

ページの先頭へ