お酒(寝酒)と睡眠【不眠症克服法】

不眠症不眠症を克服

お酒(寝酒)と睡眠について

「眠れないからお酒を一杯」とはよく聞きますが、寝酒は実際は本当に効果があるのでしょうか?

最初は眠りを誘い後には不眠の原因に…

お酒(寝酒)と睡眠寝る前に飲む少量のお酒は、精神の緊張をほぐし、気持ちのいい眠りに導いてくれます。だからといって深酒をすると、寝つきはよくなるものの、良質な睡眠は持続しません。お酒を飲んだあとの睡眠はアルコールによって身体が一時的な麻痺状態になって、強制的に眠らされているだけです。そのうえ、眠りのリズムが乱れ、浅い眠りになってしまいます。更に、アルコールには利尿作用がある為、睡眠中にトイレに行くために何度も起きたり、のどが乾いて目を覚ましたりと、脳が休まるひまもなく、ますます眠りを妨げることになってしまいます。

お酒の量は飲むほど増える!

お酒は毎日飲むことで、身体が順応していきます。これにより睡眠作用がだんだん弱まってくるため、同じ効果を得るために必要なアルコール摂取量がどんどん増えてしまいます。睡眠薬代わりの寝酒は不眠だけでなく、下手をするとアルコール依存の原因になってしまう恐れもあるので、注意が必要です。

お酒が不眠の原因に?

ナイトキャップには好みのお酒を少量で

ナイトキャップには自分の好みのお酒を少量、というのが理想的ですが、ピールは利尿作用が強いので、避けたほうが無難です。

スポンサードリンク

ページの先頭へ