快眠に効果的なお風呂・入浴方法【不眠症克服法】

快眠に効果的なお風呂・入浴方法【不眠症克服法】

不眠症不眠症を克服

お風呂(入浴方法)

入浴は快眠を誘う効果的なリラックス方法の一つです。アロマオイル等を活用して入浴を楽しみましょう。

入浴は効果的なリラックス方法

入浴が快眠を誘うリラックス方法の一つだということは、よく知られています。ぬるめのお風呂にゆったり浸かると、意識せずとも筋肉の疲れと精神的な緊張を取り去り、眠るために必要な副交感神経を働かせることができるからです。入浴は、活動モードからおやすみモードへの切り替えには最適といえます。バスタブに入ると、私たちは自然に息を「ふぅ~」と吐いています。入浴するだけでリラックスができるのです。

入浴は快眠を誘う

入浴の方法や時間

入浴の方法や時間リラックスをしてからだがゆるんだ先に、心地よい眠りが待っています。シャワーだけの場合、からだの汚れを洗い流すことはできても、セカセカした動きの中で緊張を十分取り去ることはできません。眠る前には、シャワーではなくお風呂に入るのが効果的です。
お湯の温度は38~40℃を目安に、体調や季節に合わせ、ややぬるいと感じるくらいに調整して20分くらいゆったりと入浴を楽しみましょう。20分が長くて苦痛に感じる人は、自分なりの工夫をして入浴を楽しみましょう。

お風呂の香りの演出にアロマオイルを!

お風呂の香りにはアロマオイル!入浴を楽しむためには、香りの演出も効果的です。アロマオイルは直接バスタブに入れると、オイルがお湯の表面に浮いてしまいます。ひと掘りの天然塩にオイルを3~4滴、手で混ぜてなじませます。アロマオイルの効果がお揚全体に行きわたるうえに、塩の血行促進効果で湯冷めをしにくくなります。お風呂に入ってこころもからだも緊張が解きほぐれたら、お肌のケアなど身支度をして、すぐにベッドに入りましょう。寝る間際のメールチェック等は眠りを妨げます。返事を書くときに、脳の活動モードにスイッチが入ってしまうからです。入浴後は、ゆったりしたリズムのままベッドに入ることが、快眠の秘訣です。

スポンサードリンク

ページの先頭へ