痴呆による不眠の症状や原因

不眠症不眠症を克服

痴呆による不眠について

痴呆にかかると、睡眠にも影響が出て不眠になるケースがあります。改善の為には昼夜のメリハリをつけてあげることが大事です。

痴呆による不眠の症状

痴呆にかかると、睡眠にも影響が出てくることがあります。例えば、昼間に問題なく生活できても、夜になると家の中をウロウロと歩き回ったりする、といったケースです。
さらにひどい場合は、より混乱の激しい夜間せん妄になることもあります。半分寝ぼけたような状態でとんちんかんな行動をするものです。こうなったら、精神科や神経科で受診する必要があります。

痴呆による不眠の症状

痴呆による不眠を改善するために…

上記のような夜間の問題行動を抑えるには、昼夜のメリハリをつけてあげることが大事です。昼間はなるべく日光に当たるようにして、活動をさせるようにします。ただ、これは実行するとなると、そう簡単なことではありません。とりあえず日当たりのよい部屋で昼間過ごさせる等といった対策をしましょう。そうすると、少しずつですが、こうした夜間の問題が減ってくることがあります。

痴呆による不眠の改善策

スポンサードリンク

ページの先頭へ