薬原性不眠の症状や原因

不眠症不眠症を克服

薬原性不眠について

普段飲んでいるくすりの副作用が原因で睡眠に問題が起きることがあります。具体的には不眠や昼間の眠気などが起こってきます。

薬の副作用で不眠になってしまうことも…


薬の副作用で不眠に

副作用で不眠が出たり、過眠が起きたりする薬がいくつかあります。これには注意が必要です。風邪薬やアレルギーの薬で昼間の眠気が生じることがよくあります。最近では、このような薬の眠気の副用を利用した睡眠改善薬が売られるようになりました。睡眠薬が体に合わなかったり、効き過ぎたりすると、睡眠作用が朝に持ち越されて昼間眠くなってしまう場合もあります。
不眠を起こす薬はいくつかあります。高血圧や不整脈に使うごくありふれた薬の中にも、人によっては不眠を起こさせるものがあります。病気の治療を始めたら不眠になってしまった場合は担当のお医者さんに相談してみてください。

薬は指示を守って飲みましょう!

スポンサードリンク

ページの先頭へ