うつ病による不眠の症状や原因

不眠症不眠症を克服

うつ病による不眠について

こころの病と関係のある不眠で最も注意が必要なのは、うつ病によるものです。不眠の悩みを訴える患者が、実は軽いうつ病だったというケースがよくあります。

うつによる不眠の症状

①朝起きたとき、眠ったのに疲れがとれない
②早朝覚醒してしまい、その後はウトウトとしている
③目が覚めているのに、だるくて布団から出られない
④昼間、気分がすぐれず、なにごとも楽しめない
⑤食欲がない
⑥集中できない

不眠の悩みによくあるケース

不眠の悩みを訴える患者が、実は軽いうつ病だったというケースがよくあります。こういう場合、患者さんは眠れないから気分がすぐれないのだと思っている場合が多いようです。しかし、話をよく聞いてみると、なにか少し憂鬱な気分がする、お笑い番組を見ていても笑えなくなった、食欲が落ちたなど、ごく軽いものの、うつ病症状がある場合が多くあります。

うつ病の治療が効果的

早目に専門医に相談を!うつ病による不眠の場合は、睡眠薬で眠れるようになったからといって、上記のような症状がよくなるわけではありません。うつ病の治療が、このような不眠にも昼間のつらい症状にも効果的です。早期発見、早期治療が重要になります。
最近は、比較的副作用の少ないうつ病のくすりが出ています。こうした場合には、早目に専門医に相談することをおすすめします。そうすれば、つらい症状から早く脱け出すことができるでしょう。

スポンサードリンク

ページの先頭へ