非24時間睡眠覚醒症候群の症状や原因

不眠症不眠症を克服

非24時間睡眠覚醒症候群について

非24時間睡眠覚醒症候群になると毎日寝つける時刻が1時間くらいずつ遅れていきます。起きたらすぐに太陽の光を浴びるようにし、朝少しずつ早く起きるようにして改善していきます。

非24時間睡眠覚醒症候群の症状

夜型が更に極端になってくると、毎日寝つける時刻が1時間くらいずつ遅れていきます。これが非24時間睡眠覚醒症候群です。非24時間睡眠覚醒症候群は洞窟の中で生活し、朝日光を浴びることなく生活したときに起こる睡眠のパターンと同じです。こうってしまうと月の半分くらいは昼間起きていられますが、残りの半分くらいは夜まったく眠れず、昼間極度の眠気に襲われる症状を起こします。

非24時間睡眠覚醒症候群の症状

非24時間睡眠覚醒症候群の治療

これは朝に光を浴びることができないために起こることもありますが、体質もかなり関係しているようです。起きたらすぐに太陽の光を浴びるようにし、朝頑張って少しずつ早く起きるようにして改善していきます。これで安定してくれば、安心です。なかなか改善されないという場合には、専門の医師に相談してみましょう。

非24時間睡眠覚醒症候群の改善策

スポンサードリンク

ページの先頭へ