むずむず脚症候群の症状や原因

不眠症不眠症を克服

むずむず脚症候群について

むずむず脚症候群とは布団に入ると同時に、足にむずむずとした異常な感覚が生じて寝つけなくなる症状です。

むずむず脚症候群の症状

むずむず脚症候群写真
周期性四肢運動障害がひどくなってくると、布団に入る同時に、足にむずむずとした異常な感覚が生じて寝つけなくなることがあります。これがむずむず脚症候群です。異常な感覚の代表的なものには以下のような症状があります。

①むずむず感
②虫がはう感じ
③奥のほうがかゆい

こうした症状は足を動かすと、少し軽くなります。布団から出て一回り歩いてくると、よくなって眠れる人もいます。

むずむず脚症候群の人の共通点

むずむず脚症候群の人に共通するものとして、以下の3点が挙げられます。

①異常な感覚で足をじっとしているのがつらい
②布団から出て歩くとよくなる
③夕方から夜にかけて症状がひどくなる

鉄欠乏性貧血や腎機能の低下が原因に…

むずむず脚症候群は布団に入ったあとに症状が出て眠れない場合と、夜中に一度目が覚めたときに症状が出て、もう一度眠る際の妨げになる場合があります。周期性四肢運動障害とともに、鉄欠乏性貧血や腎機能の低下で起こりやすいので、注意が必要です。

スポンサードリンク

ページの先頭へ